冬場の肌をお助けする方法

2016年6月15日

冬場は乾燥による肌荒れやトラブルなどを頻繁に起こってしまう季節。肌の調子がよくないと化粧のノリも悪くなってしまいますよね。特に毛穴が開いてしまったり、皮膚がカピカピになってしまったりすることがあるでしょう。ここでは化粧のりが悪い時の肌の改善方法について紹介していきましょう。

 

【十分な角質ケアを行おう】

冬場は特に寒さから血行不良になることが多いです。血行不良になると新陳代謝が低下してしまい、肌のターンオーバーサイクルは乱れてしまうでしょう。肌のターンオーバーサイクルが遅くなると古い角質がそのまま肌に残ってしまい、鼻まわりなどがかさかさになって化粧ノリが悪くなります。こんな時には角質ケアを行いましょう。特におすすめはクレイパックです。クレイパックは敏感肌の人でも使用できる刺激が少ないものであり肌のくすみやざらざらを除去してくれます。角質除去は週に1回するとキレイになるでしょう。

 

【毛穴の開きを改善するコットンパック】

毛穴が開いているとファンデーションを塗っても目立ちますし、美しい肌とは言えませんね。そこで毛穴の開きが気になる時にはコットンパックがおすすめです。毛穴は水分が足りなくなると皮脂を過剰に分泌するために開いてしまいます。毛穴が開くとそこに皮脂や汚れが詰まってしまい、黒ずみやニキビ、肌荒れの原因になってしまうでしょう。毛穴の開きを改善、予防するためには保湿をしっかりと行ってあげることが重要です。シートマスクやコットンなどに化粧水を浸して洗顔後に数分間パックしてあげてください。それだけでも肌に潤いが戻り毛穴がきゅっと引き締まっていくでしょう。

 

【オイルマッサージ】

乾燥が気になるときにはオイルマッサージもおすすめです。オイルマッサージは美容オイルを手のひらに乗せて体温で温めて顔全体に押し込むようにマッサージしていきます。特にシワやほうれい線を広げるように塗り込んでいくとアンチエイジング対策にもなるでしょう。