正しいシャンプーの方法

2016年3月25日

美しい女性でいるためにはスキンケアだけでなく、ヘアケアや頭皮ケアも怠ってはいけません。清潔を保つためにシャンプーを毎日している女性は多いですが、意外と正しいシャンプーの使用方法を知っているという人は少ないもの。シャンプーをする上で最も重要なのはすすぎなのです。今回は正しいシャンプーの方法について紹介しましょう。

 

【シャンプー前に行うこととは?】

シャンプー前には一度ブラッシングをすることで、髪に付着したよごれを浮かしてくれます。紫外線やほこりなどの汚れは思っている以上に付着しています。このよごれをキレイに取り去るためにはシャンプー前にブラッシングをするとよいのです。またブラッシングをする事でからまった髪をキレイにほぐすことができます。シャンプー時は髪がからまりやすいですし、からまった状態でシャンプーをしても綺麗に洗うことはできません。また髪が絡まっていると髪の毛が切れてしまうこともありますので、ブラッシングはきちんと行いましょう。

 

【シャンプーのすすぎ残しは頭皮の炎症を引き起こす】

頭皮トラブルが起こると、フケが増えたり、薄毛、抜け毛の原因になったりします。頭皮トラブルが起こる原因の1つがシャンプーのすすぎ残しです。すすぎが十分に行われていないと、頭皮にシャンプー液が残った状態になってしまうと頭皮が炎症を起こしやすくなってしまうのです。また毛穴にシャンプー液や汚れがつまり、吹き出物などができてしまうこともあるでしょう。さらに毛穴にシャンプーが残った状態になると、毛根を傷つける原因にもなります。毛根が傷ついてしまうと薄毛や抜け毛を引き起こしてしまったり、雑菌が繁殖したりすることもあるのでシャンプーのすすぎは念入りに行うようにしてください。

 

【すすぎの時間の目安は洗う時間の3倍である】

シャンプーをする時、洗う時間の方がすすぐ時間よりも長くしているという人が多いです。しかしこれは間違い。すすぎは洗う時間の3倍は行って下さい。しっかりとすすぐことが重要なのです。